朝ドラ「新次郎さんのかいわ力」

2016.03.25 (金)

昨年10月からスタートした朝ドラ「あさが来た」も一週を残すところとなりました。
五代様ロスなど演じる役者さんと役柄の双方の魅力が相まって何かと話題の多いドラマでしたね。そしていかにも大阪の商売人を感じさせるリズム感のあるドラマの中で、キャラクターとしては他とは一風違う匂いを醸し出していたのが主人公あさの旦那様である新次郎です。
 

今日はその新次郎役をされている玉木宏さんがNHKの情報番組「あさイチ」に出演され新次郎の「会話力」について話されているのを見て、新次郎について考えてみました。
若いときにはただのちゃらんぽらんのように感じられたしぐさや話し方は今や人生経験を経て、なんとも深みのある包容力を感じさせます。
 

そこで、その包容力は何を持って表現されているのか?を考えながらドラマを振り返ってみました。見えてきたのは新次郎の目の表情と会話をするときの特に第一声に発する言葉によるところが大きいのではないかという事です。これはまさに私が表現したい「快和力」でした

 

まず、目の表情に注目すると新次郎はいつも自分を一歩外に置いて全体を俯瞰する様に、しかも包み込むような眼差しを向けています。そしてその瞳にはいつも微笑みが浮かんでいます。新次郎を取り巻くものすべてに愛情を注いでいる様子が瞳の温かさで感じられます。瞳が笑っているので、何でも受け止めてもらえるのではないかと言う安心感を感じさせてくれています。
 

それからもう一つ、第一声に発するのは「そうだすな~」「そうだすのんか」「ほ~」と、先ずは相手の言葉を受け止めるところから会話が始まります。やわらかく話しながら自分の意見を言うよりも相手の言葉を先ず引き取る。そして自分の想いは何かの事例に置き換えたりして聞かせることで相手に気づかせる会話の運びが押しつけがましくなく、聞く方にもすんなりと入り込んでいく。まさに会話の達人ではないかと思わせます。
 

もちろん、単に表現だけにとどまらず新次郎の人柄そのものが表に出てくるからこそのことであり、ここまで来るには随分と心の葛藤も乗り越えているのだと思います。(ドラマの中ではありますが・・)

 

来週で終わってしまう「あさが来た」ですが、果たして新次郎の出番がいつまでなのかが気になるところ・・。

ぜひ、最後まで新次郎の「快和力」に注目をしてみてください。
 

◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨
 

「快和力」を身に付けて良好な対人関係を築きませんか?
会話に自信のない方はお気軽にご相談ください。
 

快和力 <トップページ > へ »

 

レッスンのお問い合わせ&お申込み<ページ > へ »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 朝ドラ「新次郎さんのかいわ力」

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP