外国のお客様

2015.04.07 (火)

京都の桜を見ようと出かけてみた。

今年は少し開花が早く、しかも雨と風の影響もあるのか既に花びらがだいぶ落ちてしまっているのが残念でならない。

場所によってもだいぶ違うのかもしれないが、特に醍醐寺をこの時期に訪れるのは初めてで楽しみにしていた。
何といっても、あの豊臣秀吉が一世一代の花見をしたことで有名な場所なだけに期待をしてしまったのです。

それにしても、季節がらかどこに行っても観光客・・しかも外国からのお客様が多いことに驚いてしまった。
そもそも観光地なので人の多いのはともかく、修学旅行から数えて何度目か忘れるほど来ているが、これまでとは比較にならないほど外国のお客様が多く見られた。

そう云う状況の中で、残念に思うことが一つある。

拝観する時や見学をするときのやり方やマナーを教えてあげられたらもっと楽しんで貰えるのに・・・。

そんな風に感じることだ。

せっかく興味を持って来てくれたのだから、どっぷり日本の文化を堪能してもらえたらと思われてならない。

もっともご本人たちはわからなくてドギマギしていることも楽しいのかもしれないが・・・。

レストランでも同じような光景が目に入る。

一応、英語表記のメニューを見ているが、おそらくどれを注文したら彼らに食べられるものが出てくるのか見当もつかないのではないのだろうかと心配になる。

注文したものがお膳に運ばれてきても、どうやって食べるのかわからない。

こんな光景を、次のオリンピック開催までに何とか無くしていけたらと願うばかりです。

とはいえ、そんなことに気が付いている私自身が外国のお客様とのコミュニケーションに積極的になれるよう頑張りたい!

 

 

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 外国のお客様

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP