行きつけカフェの接客サービス

2015.05.22 (金)

みなさんにもよく行くお店があると思います。

きっと何かよいところがあって、行きつけになるのだと思います。

私のよく行くカフェは、夕食のお買い物のついでに寄ることが出来てちょっとゆっくりコーヒーを飲みたい時にちょうどよいお店です。

つい先日も、買い物をする前にコーヒーを飲みながら本を読もうと寄った時のことです。

メニューも持たずにテーブルに来て「アイスコーヒーでいいですか?」と従業員に聞かれました。
その子は比較的新しく入った若い男の子です。

古くからいるパートさんらしき女性や、お店のマスターでも一応メニューを持って来て聞いてくれるのに・・!!

と少し不快な思いがしたのです。

人によって常連さんで注文がいつもきまっていたら、そういった接客を好むお客様もいると思います。
とはいえ、恐らくそこまで親しくなるにはある程度の信頼関係ができてお互い気心もわかるようになっているから、「いつものでいい!」はその店のちょっと特別感も感じさせてくれるのだと思うのです。

よく来るとはいえ、挨拶を交わすわけでもなく雑談をするわけでもなく、顔がわかるという程度のお客様の注文品を決めつけてしまうという応対にはちょっと違和感を感じずにはいられませんでした。
しかも私はたまに違うものを注文することもあるのです。

お店の従業員として、よく来るお客でも頼むものが予測できてもまずはメニューを持って来て選ぶ権利を与えることは当然だと思います。

もし、親しみを込めるならまずは「こんにちは」とか「今日はお天気いいですね」のように挨拶を交わすことから始めてみる。

そして、いきなり「アイスコーヒーでいいですか?」ではなく「今日は何にしますか?」くらいが丁度よいのではないでしょうか?

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 行きつけカフェの接客サービス

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP