自分が話すことに夢中になる人

2015.09.01 (火)

自分のことや自分の思いを話し出すと、夢中になってしまい相手に口をはさむ間を与えない人がいます。

こんなタイプの人は大体が自分で言いたいことを整理する間もなく、そのとき思い浮かんだことをポンポンと言葉にしてしまう傾向があるようです。なので、話をしているうちに自分でも何を話しているのかわからなくなってしまうようです。

こういう人の話しを聞いていると、ごめんなさいと思いながら「話が長い」「何を言いたいのかわからない」そんな感想が返ってくることが多いようです。

では、どうしたら話し方を変えることが出来るのか・・。

それは、できるだけ話の区切りをつけること。

なぜかというと、こういう人の共通点として「~ので~」「~が~」「~なので~」が多いのです。

そして、この言葉を使うことで話は芋づる式に伸びていきます。

では、どうしたらよいのか?

話しを分かりやすくするためにも、リズムをつける為にも「です」「ます」などで話しに区切りをつ行けるように意識するとよいのです。

例えば、

私は、今年こそ会話力をつけようと思い、会話の教室に行こうと思ったのですが、どこに行ったら解らなかったので、友達に聞いたところ「〇〇というところはどう」といわれたので、電話をしたのですがなんだかつまらなさそうなのでちょっと考えますって言って保留にしたました。

とこんな感じでしょうか?

これを少し修正してみると、

「私は、今年こそ会話力を身につけようと思っています。」

「教室の情報を知りたかったので友達に聞くと〇〇というところを教えてくれました。」

「早速電話をしてみたのですが、面白そうとは思えなかったので保留にしました」

いかがですか?

だいぶスッキリした印象にまったのではないでしょうか?

こんな風に、「話が長い」「言いたいことがわからない」と普段から気になっている人は、まずはこんなところからチャレンジされることをおススメします。

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自分が話すことに夢中になる人

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP