会話上手はメール上手!

2016.06.30 (木)
cc-library010010947[1]

今は、誰もが使っているといってもいいほど電子メールは利用されています。世代によってはメールのない人生なんて考えられないという人もいるのではないかと思います。
 

変わっていくコミュニケ―ションツール

私の10代のころはポケベルが主流でした。電話といえば家の固定電話か緑の公衆電話。たまに赤いのもありましたが・・。そんな時代ですから人とコミュニケ―ションを取るには対面か?電話か?現代は他人と会話を交わさなくでも買物もできてしまいますが、私のころは必ずお店の人との会話が必要とされていました。
 

さて、そんな環境の変化の中で、コミュニケーションツールが上手に使えている人とそうでない人がいる様に思います。コミュニケーションツールとは誰かと交流をするときに道具として使うもののことです。例えば電話やFAX、手紙などもツールです。
 

基本は対面が望ましい

実は先日のコミュニケーションセミナーの中でこのツールの使い方についての質問がありました。「最近は何でもメールやラインで伝えてくるということに疑問を感じているのですが適切な使い方はあるのですか?」という質問です。人との交流をするには対面が望ましいことは言うまでもありません。
 

なぜなら、相手の顔や態度を見ながら会話をした方が言葉だけではない相手の感情が見えてくるからです。いくら言葉を飾っていても「あの人本音で話していない」なんて思うことはないですか?心にもないことを言ってみても、心の中の感情が顔や態度に出てしまうのです。
 

逆に相手の心の状態を示すバロメーターだと思うと、話しを受け入れているか反発をしているかなど、相手の感じ方を目にすることができます。仮に相手が納得をしていないと感じたならば、言い訳をしたりお互いの考えをぶつけ合うなどしてその場で理解を深めることができます。こういった場面は、メールやライン手紙ではリアルタイムで作ることが難しく、伝えたいことが一方通行になってしまい取り返しのつかない亀裂となってしまいかねません。
 

メールの使い方を間違えないために

メールは送る方も自分の都合を優先していることから、受け取った方も同じように考え、そのまま返信もなく関係が終わってしまうことすらあります。そう考えると怖いですよね。ましてや目の前にいる人にメールで相手の感情にふれそうなことを送るなど以ての外と言わずにはおれません。(実際に前のデスクの人から送られたことがありました)
 

ラインについても双方向のコミュニケ―ションができる様になってはいるものの、送信をするのも返信のするのも個々の意思に任されていることから、中々返信が来ないと気をもむケースもあるようです。また、メールと同様に感情の伝達は文字や絵文字と限られており誤解を招くケースも少なくはないようです。

 

つまりメールの様な一方通行のツールは連絡事項のように感情伝達がなく即時性がないものについて有効です。その点では手紙やFAXも同様ですね。
仮に感情の伝達が発声することが予測されるコミュニケ―ションをするならば、対面の外にば電話の方が声の様子が分かりリアルタイムで相手の反応が聞けるという点で適していると言われています。
 

風通しの良いコミュニケーションのために

「ラインが既読になつているのに返信が来ない」などと揉めるという話をよく聞きます。これが原因で関係が気まずくなることもあるようです。まさにこれらもラインでのコミュニケーションが双方向ではない。双方向ではないという意味は、受け手は受け手の都合で見たり返信したりするもので、リアルタイムの対応をしないことがあるということ。そういう根底を見失っているから起こることなのです。
 

あくまでも、個々の都合やタイミングでメッセージをするものだということを忘れず、いつか来るだろうくらいに考えているくらいが丁度良いのではないかと思います。

因みに、私は返事が来ないと心配になってしまう方なのでラインはしていません。

 

リアルタイムで、直ぐにリアクションが欲しいなら対面か電話、最近はSkypeやTV電話という方法もあります。滞ることなくキャッチボールが続いていく方法を選ばれることをお勧めしたいと思います。
 

メールなどのツールを上手に使い、対人関係作りに役立てているということは、会話上手につながります。
相手への配慮ができ自分の心のコントロールができる人だからこそ使いこなすことのできる技なのではないかと思っています。
 

◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨
【会話力・会話表現・人の前で話す】
こんな悩みをお持ちの方は、下記フォームからお気軽にお問い合わせをしてください。

快和力 <トップページ > へ »

 

レッスンのお問い合わせ&お申込み<ページ > へ »

 

30代40代の女性を応援する「自分スタイル」へはこちらから

https://www.facebook.com/jbn.style/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 会話上手はメール上手!

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP