言葉癖に気づいていますか?

2016.03.12 (土)

話をするときに、言葉癖があることに気づいていますか?

言葉癖があることで話しの分かりやすさを妨げていることに気づいていますか?

日常会話の中で話される言葉癖は実はパブリックスピーチになるとより顕著に表れる傾向にあるようです。

 

スピーチというと、

「えっと」「あ~」「え~」「その~」

など言葉と言葉をつなぐときに出るのは代表的な言葉癖なのだと思います。

この言葉は次に発する言葉あるいは話題を頭の中で探しているときに出てくる言葉のようです。

本当に無意識のうちに出てくる言葉なので、よほど意識をしていないと無くすことはできません。

しかしながら、自分が話をしていることを少し客観的にとらえられるようになると確実に無駄な言葉癖は減り、その分伝えたいことがシンプルになりわかりやすくなっていきます

 

「~のほう」これも使う人が多いですね。

実は「~の方」が正解でこれは何かと何かを比較したときや、方向を示すときに使う言葉です。

お店で「お会計の方こちらで・・・」と言われることがありますが正しくは「お会計はこちらで・・・」

もしくは会計所の場所を示すためなら「お会計はこちらの方で・・・」となります。

 

「~となります」これも問題です。

「~になる」はAからBに変化をする場合に使います。これもお店の販売員さんが「300円のお返しになります」などと言いますね。変化をしてしまっては問題になりそうな物事に対して「~なります」ではいけません。

 

そして最近とても気になっていたのは「~の形になります」

何かの形が変化をする場合はよいですが、「お待ちいただく形になります」や「後ほどご連絡をする形になります」など丁寧に言おうとして使う人が多く使い方を間違えてしまっています。

 

こうして改めて見直してみると、沢山の言葉癖がありそうですね。

言葉にはそれぞれ意味があるので、是非その意味を考え理解を深めながら使っていって欲しいと思います。

 

そういう私にも言葉癖はあります。

実は私には言葉癖の番人がいます。私の頭の右上でもう一人の私が話す様子を見ているのです。

そして、意味のない言葉癖が出てくると右上の私が「また言った!」と睨んでくるのです。

この繰り返しをすることで、以前と比べると随分と無駄な言葉を発することは少なくなってきたようです。

 

自分の伝えたいことが相手にスムーズに伝わることは日常においてもビジネスにおいてもとても有効です。

一度、ご自身の言葉癖に意識を向けてみてください。

 

快和力 <トップページ > へ »

 

レッスンのお問い合わせ&お申込み<ページ > へ »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 言葉癖に気づいていますか?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP