好感度を上げる話し方

2016.04.21 (木)

自分の話し方に自信のない人。
普段人と話をするときに、どんなことに気を使っていますか?

話し下手で自信がないという人は実は他人に楽しんで貰いたいという気持ちが
とても強くあるのですが、それができていないことに苦しんでいるように思います。

 

つまりは他人に対して思いやりのある優しい人が多いのではないかと思います。

そんな風に話をすることに自信のない人に、ぜひ獲得して欲しいのが話をするときの表現力です。

 

会話表現を分解してみる

 

人と会話をするときには、【言葉・話しの段取り・表情・動作・声・話しのリズム】という

「目で見る・耳で聞く」という感覚で捉えるものが他人にどう届いていのか?これがトータルとして相手に届くことで、その人の好感度を届けています。

 

話しが苦手という人がこれらの何にコンプレックスを強くいだいているかというと

【言葉と話の段取り】の2つに集中しています。確かに言葉の表現が豊富で話しの段取りがよければ相手の理解度は高まります。でも本当にそれだけが原因なのでしょうか?

 

気持ちが楽になる対処法

 

①汚い言葉遣い・眉間にしわ・足を組む・大き目の声・他者が口を挟めない程の早口

②きれいな言葉遣い・微笑・足を揃えて座る・相手に配慮をした声の大きさ・相手に合わせたスピード

身近にいる2つのタイプに近い人をイメージしてみてください。

 

この2つのパターンの人と対面で話をする時、どちらの人と話をしたらその話の内容がより理解できるようになると思いますか?全く同じ話をする時でも話の中身よりも話をするときに自分をどう表現するのか?これにより相手の受け取る印象は変わってきます。

 

とうことは、話の段取りや言葉の豊富さを改善する前に、表情や動作などに意識を向けると相手が受け取る印象はかなり好感度の高いものになってくるということです。

 

「話すことが苦手、会話下手は分かっているけど何をどうしたらよいのか改善するにもその方法がわからない」という話をよく耳にします。こんな人は、自分自身の会話表現を分解してみる。そうすることで、改善の方法が具体的な行動論になり「ただ、話し下手が苦しい」と悶々としていた人にとってとても気持ちが前向きになるのではないかと思います。

好感度を上げる話し方

 

柔らかな親しみを感じさせる表情・動作は左右対称の動きを取る・声は相手に届く大きさ・相手の呼吸にリズムを合わせる・きれいな言葉遣い

 

言葉の量が豊富でなくても、話の段取りが上手くなくても上記のような表現を身に付けることでその好感度は格段に上がります。そして、少しづつ言葉の量を増やし話の段取りについて改善をしていくことで、話すことに自信を持つことができる様になってきます。

是非とも話し下手を分解して、好感度の高い話し方の獲得をしてもらいたいと思っています。

 

◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨

【会話力・会話表現・人の前で話す】
こんな悩みをお持ちの方は、下記フォームからお気軽にお問い合わせをしてください。

快和力 <トップページ > へ »

 

レッスンのお問い合わせ&お申込み<ページ > へ »

 

30代40代の女性を応援する「自分スタイル」へはこちらから

https://www.facebook.com/jbn.style/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 好感度を上げる話し方

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP