講師力を高める

2016.04.25 (月)

先日【講師力養成基礎講座】を開催しました。

講師をやってみたいけれど、自分の講師像がイメージできないとか、人の前で話をするなんて無理、経験はあるけれどもっと力を付けたい。そんな方々にご参加をいただきました。

 

講師が求められる話し方は?
どんな講師像を目指していくのか?
自分の話す姿は講師として相応しいのか?
プロの講師として大事なことは?

 

など8つのポイントについてワークを取り入れながら考え方のレクチャーをさせていただきました。また、受講者のレクチャー風景を撮影したVTRを使いながらご自身での気づきを促し他者からの客観的アドバイスも受けていただきました。その結果2度目のレクチャーでは、あきらかに1度目とは違う受講者の皆さんがVTRから流れてきます。

 

どうしたら「聞きやすく見やすくわかりやすく」なるのか?この点について意識を高めた皆さんの成果は明らかに2度目のレクチャーに活かされています。講師力を高めたいというちょっとした意識の高まりでこんなにも人の前で話す姿に変化が起こるのかと改めて感じました。

講師力の基本

 

私自身が受講者として様々なセミナーに伺う様にしています。そんな中で、講師になるということについてのハードルが低くなってきていると感じています。「自分の経験を話すことで誰かの役に立つ」そのこと自体はとてもいいことだと思いますが、話しそのものは面白くても他の点において不快感を感じてしまうことが少なからずあるというのも現状です。

 

そんな、講師事情の中にあって受講者に向かう姿勢、講師の守りたいマナーというものについて考えていくことが必要なのではないかと感じています。

「話しの技術を高める、話しのネタを仕込む、経験談はその根拠を求める」ということはとても大事なことですが、その前に受講者に向かう姿勢として、時間管理や言葉遣い、身だしなみなどの基本をしっかりとしていくことが受講者の信頼を得る第一歩だと私は考えています。

 

これから、講師を目指したいという人たちには是非とも講師のマナーを踏まえ、その上でご自身のキャラクターを活かした講師を目指していただきたいと思います。そして、私自身も「来てよかった」と思っていただけるセミナーの開催をしていけるように努力をしていきたいと考えています。

 

◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨

【会話力・会話表現・人の前で話す】
こんな悩みをお持ちの方は、下記フォームからお気軽にお問い合わせをしてください。

快和力 <トップページ > へ »

 

レッスンのお問い合わせ&お申込み<ページ > へ »

 

30代40代の女性を応援する「自分スタイル」へはこちらから

https://www.facebook.com/jbn.style/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 講師力を高める

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP