就活!!面接での話し方1

2016.05.18 (水)

いまどきの就活は本当に皆さん真剣です。

私たちの頃も間違いなく真剣でしたが、今のように就活セミナーの様な練習をする機会はほとんどありませんでした。

 

何年か前に女子大学で就活セミナーをさせていただいたことがありますが、この時の印象では「自分の見た目をどう演出するか?ここからしっかりと考えてもらいたい」そんな風に思ったものです。人は見た目が9割とも申しますが、やはりひと目見たときにこの子の話を聴いてみたいと思わせるか否かは大きなポイントの差になると思います。

 

実は私は新卒採用の面接官をしたこともあります。その時のことを思い返してみると、大勢いる学生の中で何となく視線が向いてしまう学生が何人かいるものです。つまり話を聴かなくてもポイントが入ってしまう学生です。この、ポイントが入ってしまう学生とそうでない学生との違いは何なのでしょう?

心の態度を整える

 

そうです。見た目です。とはいっても美人だとかそうでないとかいう事ではありません。姿勢や表情など心の姿勢がにじみ出てくる部分に先ず惹かれます。どちらも一長一短に作れるものではなく、日常のその人のありようが形となって出てくるものだと私は考えています。そして、面接の場においては面接を受ける会社に向かう心の態度が現れるのだと思います。

 

これらは単に姿勢だけではなく歩き方や座り方さらには椅子から立ち上がる瞬間においても同じです。また表情については、その人の心の前向きさや素直さを感じることができます。わたしが表情の中で注目をするのは目チカラと口角です。目の奥にチカラを持っていると何かキラッとひかるものを感じます。また、口角が下がっているとどうしても清潔感が失われてしまったり、何となく不機嫌そうな表情に見えてしまいます。時間はかかりますが意識をし続けることで、是非ともキラッと光る印象を見に付けていただきたいと思います。

 

相手への敬意を示す服装やヘアメイク

 

そして、見た目で大切なこととして、直ぐに自分でも変えることができるのが、服装とヘアメイクです。ベーシックなリクルートスーツをきちんと着ているかどうか?これは重要です。ベーシックなとはどんなものかというと、色は黒か紺。スタイルはフレアなどよりはセミタイトやストレート、柔らかなAラインくらいにとどめるのがよいと思います。

 

たまにボディラインが出るようなスタイルのスーツに大きなリボンタイの付いたブラウスなどを着用してくる学生がいます。目立つことは目立ちますが残念なことにせっかくの若々しさが失われ、フレッシュな人材を求める側としては決してプラスの印象にはならない様に感じていました。もちろん企業様によっては違うと思いますが、一般的な印象としてはおおかた外れてはいないのではないかと思います。

 

そしてシャツには必ずアイロンをかけること。靴は汚れを取っておくこと。以上のような点を初めて会った時の印象に大きな影響を与えるポイントとして押さえておきたいものです。こんな風に、先ずは自分のことに興味を持ってもらえる自己表現を身に付けることは面接においてとても重要なポイントになると思います。
鏡の前で是非点検をしてみてください。

 

話し方については次の機会にお伝えしたいと思います。

 

◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨◇◇◇✨

【会話力・会話表現・人の前で話す】
こんな悩みをお持ちの方は、下記フォームからお気軽にお問い合わせをしてください。

快和力 <トップページ > へ »

 

レッスンのお問い合わせ&お申込み<ページ > へ »

 

30代40代の女性を応援する「自分スタイル」へはこちらから

https://www.facebook.com/jbn.style/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 就活!!面接での話し方1

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP