売らない営業マン

2015.04.23 (木)

接客を仕事としている人にもいろんなタイプがいます。

本当に仕事のために接客をしているんだと思わせる人と、とっても自然で楽しそうにしている人。

どちらが良いとか悪いとかそういう事でもありませんが、お客の立場で好き嫌いが出てしまうのは仕方がないのかもしれません。

どちらのタイプの人であっても、
「関わらなくてはならないのなら相手に失礼がないように振る舞う。」
これが人との関係を保つマナーだとも考えます。

ですが、大事なことは信頼関係が高まるか否かという事。

私も長年接客業をしてきたのでわかるのですが、やはり合うお客様と中々難しいお客様とがいらっしゃるのです。

もちろん、どのお客様にも同じように接していますが、やはり通じあうものがあればあるほどお客様に提供する情報が中身の濃いものになってしまうのです。

何故このような話から始まったのかと申しますと・・・。

実は、たまたま今日伺った先の営業担当を見ていてあまりに楽しそうに商品の紹介をしてくれるので、ついつい予定していたよりも多くの物を購入してしまいました。

以前の担当者も、とても真面目で私の要望に一生懸命応えようとしてくれていたのですが、なぜかもう一歩前に踏み出すことが出来ずにいました。

ところが、新しい担当者はまともに顔を合わせたのは今日で2回目。
にもかかわらず、すんなりと商品を決めることができしかも予定以上の金額になってしまったのです。

何が違うのか?

そう考えたとき一つ思い当たるものが・・。

それはお客様と向き合った時に、とてもフラットな気持ちで接してくることです。

もちろん、営業とお客様ですからその境界線はしっかりと守られています。
でも必要以上にお客様を上げ奉るような態度にはならない。

このバランスがとても良いのです。

恐らく彼は『買ってもらう』ではなく『知ってもらう』その知ってもらう段階において真摯に対応しているのだと感じています。
『買ってもらおう』と思うとどうしてもお客様への態度が妙にへりくだる感じになりやすい。

さらに、最後に決めるのはお客様自身だと言う事をわきまえている。

だから自分ができるのは商品の良さとお客様にとってのメリット・デメリットを解りやすく伝えることが使命だと感じて接客をしているのではないでしょうか?

入社2年目の若い営業マンですが、接客をするものとしては見習いたい一人です。

 

 

 

 

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 売らない営業マン

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP