毎日がきらめく下着の話  「うしろ姿にご用心」

2016.02.19 (金)

スタイルアップの基本アイテムはブラジャーとガードルです。

バストとヒップを整えることで、ボディ全体の印象が大きく変わります。

そこで今日はヒップにスポットを当ててみたいと思います。

 

もともと日本女性のヒップは、欧米人のそれと比べて扁平なヒップが多いようです。恐らく食べるものや服装の違い、さらには生活環境や運動量などによる違いが影響しているのではないかと思います。しかし、昨今では食生活にしても服装にしても、私たちの生活環境は欧米に近づき女性たちの体型もそれに伴って変化をしてきました。

 

そのような変化の中で、バストは劇的に変わっていると思うのですが、ヒップの形はどちらかというと遅れているように思われてなりません。もちろん私世代の体型と比較すれば、今の20代30代の女性の方が格段に良くなってはいると実感しておりますが、それでも欧米人の様な腰高ヒップの女性は少ないように思います。

 

ところで、ヒップの曲がり角というものを意識したことはありますか?
エイジングによる体の変化を見ていくと、20代にしておおよそ半分くらいの比率でヒップのたるみが始まっています。ヒップがたるむと足が短く見えてしまいとっても残念なうしろ姿になってしまいます。

 

では、こんな風に足を短く見せないために気を付けたいポイントはどこなのでしょう?それはお尻と足の付け根のメリハリです!どうしても脂肪が柔らかくなり筋肉も落ちて皮膚の張りもなくなるとボディの部位が曖昧になってきてしまうのです。この曖昧になってしまったお尻と足の境目をしっかりサポートすることで、足の長さが変わります。さらにお尻と足の境目をサポートするとお尻のボリュームも全体にあがりますから、欧米女性の腰高ヒップに近づくことができるのです

 

時間のある時に鏡の前で試してみてください。

丁度お尻の中心を下から持ち上げてみると足がスッキリ長く見えます。見えますというか、あなたの持っているボディバランスになるということです。「小股の切れ上がった」という言い回しが昔からありますが、まさに足が長くすらりとしたスタイルの自分と対面していただけると思います。

 

うしろ姿で見た目年齢に差がでます。
是非ともご用心くださいませ!

 

*エイジングによる体の変化はワコール「ラブ、エイジング」データを参照

 

<色と下着のセミナーを開催します>
3月5日(土)14時~17時 銀座the Snack  参加費3,500円
お茶を飲みながら、楽しいひと時をお過ごしください。

 

詳細はこちらから www.facebook.com/jbn.style
お問い合わせは、お申し込みは下記お問い合わせ&お申込みフォームから受け付けています。

 

快和力 <トップページ > へ »

 

お問い合わせ&お申込み<ページ > へ »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 毎日がきらめく下着の話  「うしろ姿にご用心」

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP