毎日がきらめく下着の話

私は長い間、婦人下着の販売にたずさわってきました。
私がこの業界に入ったころを振り返ると、随分と下着に対する捉え方が変わってきていることを感じないではいられません。

 

下着の変換

入った当初は、カラー物が出始めたころで、お店にはベージュをメインにピンクと白があるくらいです。キャンペーン商品でイエローやブルーがあると本当に新鮮でとても魅力的に見えたものです。

 

また、サイズも大きく変化を遂げてきた一つです。
ブラジャーといえばAカップはあたり前という時代。
DカップやEカップを着用するということは、何か特殊なバストの方の様なイメージを抱いていた人も少なくなかったのではないでしょうか?

 

ところが現在ではCカップ以上というのは普通になり、EカップやFカップももう特別ではなくなっています。特に食べ物の影響が大きいのか、10代、20代の若い世代の女性は細くてバストのボリュームがあるという方がとても多くなったのではないかと感じています。

 

このような、変化の中で女性にとって下着の持つ価値もかわってきました。
身だしなみとして着用をしている人から、ファッションの一部として着用する人、そして大きく変化をしたのは自分自身への心理的な働きを意識して下着を購入する人が増えたことではないかと思っています。

 

【身だしなみとしての下着】

女性は大人になるにつれて体形が大きく変化をしてきます。
特に顕著なのはバストが膨らんでくることですよね。
いつの日からか、自分は女の子だから胸が膨らむのは当たり前のように感じ受け止めてきました。

 

そして、母親に連れられてブラジャーを買いに行ったことをぼんやりと覚えています。かわいいデザインの物もありましたが、色は白が基本でバストを保護することと、スポーツをした時の安定性を求められて着用をしていました。
どちらかというと、自分がキチンと着用することで他者が不快な思いをしない様にとの思いやりの行動のようにも思います。

 

【ファッションの一部となった下着】

「見せブラ」という言葉が誕生して久しいですが、今や下着を洋服の一部としてコーディネイトをする時代になりました。下着により、もっと美しいからだを求める時代には、いかに洋服からのシルエットを美しく見せるかが求められ、「寄せて上げる」ブラジャーや谷間を作るブラジャーが大流行し、バストコンシャスな時代を迎えます。

 

さらに、薄手のニットやシンプルなトップスを美しく着こなすための「Tシャツブラ」が大流行。「寄せて上げてシンプル」なブラジャーは女性にとって一つは持っていたいファッションアイテムとして定着します。

 

【心理的に働きかける下着】

洋服のシルエットを重視し、機能性を一番の価値観として着用する人たちがいる反面で、下着はファッションそのものと捉える人たちも増えてきました。きれいなレースのブラウスや個性的なスカートを選ぶのと同じように、下着も色やデザインにこだわりを持つ人たちです。

 

もちろん、一定の機能性は必要としながらも自身の感性に合った下着選びをして、それらを着用することでモチベーションを高め日々の生活に張り合いを感じ、「見えないオシャレを楽しむ気持ちが自分らしさを高めてくれる」そんな下着ライフを愉しむ女性が増えています。

 

【きらめく下着の見つけ方】

きらめく下着・・それを身に着けることで、他人には見せない自分らしさの表現をしたり、自分を応援してくれる下着たちのことを私はきらめく下着と呼んでいます。下着1

何気なく着用している下着から私たちは良くも悪くも沢山のことをもらっています。
例えば、着けごこちの悪い下着を身に着けていると、苦しくなったり、酷いものになると頭痛を引き起こす原因にもなります。

 

また、からだが痒くなったり、身近なところではブラジャーの肩ひもが落ちやすくいつも気にしているということも気がつかないうちにストレスになっているのです。
反対に、着けごこちがよいものを着用しているとからだに違和感を感じることなく毎日が過ごせます。

 

実は当たり前のことのように思いますが、違和感を感じない下着を着けている女性は意外と少ないと数万人のお客様と向き合った経験から感じています。
さらに、素材が柔らかで滑らかなものを身に着けていると素肌を通して癒しを感じたり、デザインやカラーに合わせてその日の自分をプロデュースしたり・・。

内側から滲み出る自分の個性(女性性)に、働きかけてくれる役割を担ってくれているのが下着だと、長年のお客様との会話の中で感じてきました。

下着2

 

きらめく下着は、サイズ・形・素材・デザイン・カラーetc・・。
沢山の要素を満たしてこそ見つけられるものだと考えています。
そして、一番大事にしたいのは着ける人の気持ちです

 

それを身に着けたときに、どんな自分が待っているのだろうかとワクワクできるあなたの心にフィットしたものをぜひとも選んでみてください。

最後に、これからは沢山のことを教えてくれた下着たちへの思いを込めて、女性のからだとココロにプラスを運んでくれる下着を、沢山の女性に身に着けていただけるように情報の発信をしていきたいと思っています。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@hitono-wa.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP